1. ホーム
  2. 梅のコラム
  3. ≫梅ジュースについて

梅ジュースについて

梅ジュース

夏場のシーズンは、冷ややかなドリンクがおいしくなりだしますよね。

元気・美ことを考えて、今度は梅ドリンクを飲用してみてはどうでしょうか?

販売でもカンタンに手に入れることができますが、梅を手に入れてきて自家製作梅ドリンクも楽勝で形成できます。

そんな梅ドリンクのインパクトある効き目を発表します。

梅ドリンクが人体にもたらす健康効果

梅はアルカリ性の食べ物で、クエン酸をはじめ、リンゴ酸・カルシウム・鉄分とされるオーガニックな酸類・ミネラル類をたくさん含めています。

そのおかげで、日々梅ドリンクを摂ることは、以下のような有用性が現れます。

疲労の回復を早くする

クエン酸は癒やし実効性のあることで周知されており、スポーツ飲料にもよく含有されています。筋肉疲れ阻止効果も期待できます。

肥満の防止に効く

クエン酸は、脂肪・糖質の交代を促す上で役に立ちます。

体のコレステロール貯金を防ぐ効能をしていただけますので、シェイプアップ中でもおすすめの飲料です。

毒消し効果・血の清浄化作用

以前より梅はデトックスパワーを発揮してくれるとして、疾患防止や保存材に取り扱われてきました。

食中毒ガード・水あたり予防は言うまでもなく、血液中の有害物質を流し去る作用も果たします。

腸の働きを整える作用

整腸・胃の働きバックアップにも、クエン酸は要されます。

肌を美しくする効き目

クエン酸によって、細胞の代謝が勢いづくので、お肌のプリプリの感じ・ツヤが望みが持てます。

高血圧症の予防・防止

クエン酸・リンゴ酸などの梅に入る有機酸には、血圧を下落させる効果が期待できます。

自家製作梅ドリンクのポイント

そんなオールラウンドな梅ドリンクですので、ご一家で多量に作っておく方も多いでしょう。

そんな独自製作梅ドリンクを始める際、また維持する最中配慮しなければいけない3点をご覧下さい。

梅は1か月くらいで取り出し、冷蔵庫で保管しましょう

梅ドリンクは、冷蔵庫など冷えた場所で、堅実に密閉やった状態で保存すれば1年間ほど口に運べます。

ですが、中の梅自体はカビが発生したり腐ってしまうなどするので、遅くなっても1か月ほどで引っ張り出しましょう。

また、湿度の多い場所もドリンクが傷みやすくなるのでお気をつけ下さい。

泡が生じた際、ちびっ子には心がける必要があります

梅ジュースを作った時、ビンの中に白い泡状のものが発生するの可能性が高いです。これは梅が発酵し、お酒化する現象です。

梅ドリンクは発酵するとコクが出て、より美味しい状態でなると言えますが、お酒の弱々しい人や幼児が飲むときは、少し注意してあげてください。

若い青梅そのものを口に運ばないように

青梅には毒素が存在します。大量に食べると、目まい・息苦しさなどの発症するかもしれません。

ただし、加熱処理を行ったり、砂糖やお酒漬けにすると毒素は抜け落ちてしまうので、気楽に味わうことができます。

ジュース作りの際に、小さい子がうっかり齧らないよう心得てあげてください。

シェアをお願いします。